« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月14日 (水)

請求書

従弟からオイル交換の請求書を受け取った。

「ブログに載せていいか」の問いに、

「社長に聞いてみる」という。

返事は

「金額フセロ」

ということで金額はいえないが超激安価格。社員価格?いや仕入れ価格?

原価いったいいくらだよ。オイル屋の儲けってすごくない?

社長様ありがとうございます。

請求書よく見ると

Dscf0011

{技術料サービス}

サービス? サービスって何?

サービスもクソもないでしょう。私がやったんです。

ワタシが!

早速奥様に見せると、

「・・・・・・・・」 無言。いつもの事です。

ろくに乗らない車にエンジンオイル12L、ギヤオイル9.5L。

私にとって激安でも奥様には「たかがオイル交換」でこの金額は異常です。

ムーヴはダイハツディーラーでたった2000円。待ち時間はショールームで椅子に腰掛け

「お飲みものをどうぞ」と、コーヒーやお茶をだされ、クッキーやチョコまでつくサービス。

ある時、ピットまでいきメカニックに尋ねてみた

私 「ね~ 粘度いくつぐらいの使ってるの?」

メカ「・・・・  わかりません。」

私 「エッ。わからない?ウソでしょ。じゃ~あ、安いから鉱物油だよね。フルシンセじゃないでしょ?

メカ「・・・・・ ごめんなさい。それもわかりません」

ディーラーを信用しなくなったことはいうまでもない。

わたしコーヒーやクッキーにだまされませんからー。

| | コメント (7)

2006年6月 9日 (金)

単車

独身時代、リード90からZ1000Mk-Ⅱまで4台ほど所有していた。

結婚してしばらくしたら何を血迷ったのか奥様が

「オートバイの免許とる」

と突然言い出し、私の妹のダンナが教官をしていた自動車学校に通い始めた。

中型からは取れないのでまずは小型で入校。

車もオートマしか運転できない為、基本的なクラッチ操作ができない。

無謀すぎると思いますが・・

挙句の果てに

「ギヤを落としてエンジンブレーキを使えって言われたんだけど、エンジンブレーキって何処にあるの? 右手と右足しかブレーキないじゃん。アホ教官」

・・・・・・

専業主婦にも関わらず毎日通うも期限ギリギリで卒検合格。

タイミングよすぎないか?妹のダンナが裏で動いたか?

合格したのに笑顔が無い。そしたら

「私に中型は無理!」と言い、続けてでた言葉が

「車庫のオートバイ、掃除の邪魔だから処分して」

エ~

唯一の生き残りがこれ

Dscf0026

なんとか拝み倒して今ではリビングの片隅に

Dscf0028

エンジンは手っ取り早く55に乗せ換え。

毎年春、秋になると乗りたくなるので、この夏レストアしようとか、この冬にはレストアしようとか思うのだが、暑さ寒さに負け続け結局20年ほどほったらかし。しかもナンバー切らず、いまだ品川区に税金おさめている事が奥様には理解できないらしい。

「ホント掃除のじゃま!」

いちを私のオブジェなんですけど~。大きな石ころだと思っていただけませんか?

「石ころなら ス テ ロ

・・・・・・

| | コメント (6)

2006年6月 5日 (月)

テスト走行

土曜日お昼すぎ仕事が終わったので、家に戻り早速プラグコードをつないでエンジン始動。

調子よさそうだぞ。あまり回転を上げずそのまま従弟の勤めるモータースまで余った接着剤を返しに行きました。

お礼にエンジンオイルとミッションオイルの交換をお願いしたがよく考えると経営者じゃないからそこまですることなかったかな・・・それに

「今いそがしいから自分でやったって」

ゲロ。

結局自分でやることに。また2柱リフトのありがたみがヒシヒシと。

奥様、子供も授けていただいてありがとうございます。もう何もほしいといいません(ウソ)。最後1つだけ私に2柱リフトをお願いできませんか?

200606031011

オイル屋でもなければチューニングショップでもないのでオイルの銘柄は指定できません。

工場にあったカストロのセミシンセ15W-50とワコーズの80W-90を入れました。

請求書がまだなのでいくらか解からない。

家に戻り食事を終えると安堵感からかウトウト眠ってしまい目が覚めると0時前、また寝れねぇー。

しょうがないのでそのままテスト走行開始

ギヤの入りがだいぶ渋い。

油温の上がりが速く温度も高い。

水温が常時高温。今夜ぐらいの気温ならオーバークールなのってくらい低かったのだが。

でもエンジンの方は今までよりも軽くふけてる。低回転のもたつきもなくなっている。

246号で横浜へ行き給油。燃費5.5Km/L。

中央高速で山梨へ。トンネルではレッドゾーンまで回す。

もちろんエアコンも快適。冷え冷えですぜダンナ。

52号線を南下し自宅へ7番プラグ飛ばさず無事帰還。

21時間約600Kmのテストを終了。

プラグの焼け具合を確認したいが、取り外す根性は持ち合わせていない。

| | コメント (10)

2006年6月 3日 (土)

プラグホール

プラグホールのネジ山がなめてしまったー

GWの大渋滞を抜けてからどうも低回転の感じがおかしい。給油したGSまでの往復、ロータス屋までの往復。なんか変な感じ。

前回のプラグ交換から2年たつのでとりあえず点検。

2006053101

きれいに焼けている。

7番シリンダーだけ真っ黒。これは承知している。今度のタイベル交換の時、バルブ関係は点検するので気にしない様にしている。

プラグを取り付けていくと7番だけしまらない。あれ?

プラグがななめに入ってる~

従弟(モータースで整備士やってる)に電話して助けを求める。

いいのがあるよーともらったのがこれ

2006060304 スナップオンの接着剤。固まるとアルミ金属になるようだ。

2006060302  パーツクリーナーで油分とばして焼いとく。もちろんプラグホールの方も油分を飛ばす

2006060306_1 プラグのネジ山にたっぷりつける。プラグホールにもつけたいが見えないのでやめとく。

2006060309 まっすぐ入ったかな?

2006060311 サープレッサーを取り付けてみる

固まるまで3時間かかるというので一晩ほっとく。

どうなることやら・・・・

| | コメント (6)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »